FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

神学。なんと甘美な優麗、豪華な装飾を纏った賛美歌であろうか。いかにもリューイ詩人が飛びつきそうな命題でる。あの方は汚辱と侮蔑の最中、嵐と本流の底で息巻いた。本流は、謙遜家にして愁美歌手たるあのお方に情熱と冷采を送ったのである。






権力は、そして自信家は邁進した、まるで自分たちが最もたる世界の創造主であるかのように。彼らは彼らに付き従う純粋なる夢想家達に隷属と賛辞を、報奨と恐怖とでもって支配した。かのものらは反逆の罪を被せられ、世の罰と罪を背負って消えていった。彼らがどれほどいたであろうか。それでも我々は非難の声を高らかに挙げ、奮起したのである。彼のものは叙事詩の中に隠語を含ませ、あるものは、科学をとうして事実を突きつけた。しかしかれらの持つ強大な権力とと策謀の前にはなにも意味を成さないのである。なにもないのである。


しかし時代は換わる。




世界において序列を明確かにしようではないか。________________________________________________~。


この三側面において私達はいかされる。支配されるもの、それを仲介するもの、そしてその仲介者から情報を含めありとあらゆる支配的権力の付属を了承するものたちである。そして「組織」ができあがる。これらを模倣した組織がである。


スポンサーサイト
2012.09.14 Fri l l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
難解。難解極まりない僕が言うのだから間違いない。(汗)全体の流れは大体つかめたと思うが、文意が取れない部分もある。(安易に「文意」を汲もうとするのにも問題はあるが…。)ただ、文の密度や重厚さ、壮麗さには息を呑む。もう少し厳密に配慮を施したならば緊張感あふれる「観念による造形」が完成するに違いない。
2012.10.01 Mon l オーロラ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://niwakadojin.blog.fc2.com/tb.php/3-1eefb931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。