FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



1から組み立てたというのに何たる失敗だろう。それなのに魂の鳥はその骨木にすっかり泊まるじゃないか

肉は心の中庭にすっかり入って詞を散らかしたあと、何事も無かった恋人のように骨に寄り添う。その優しさは半音階的に ピアノのような足音を持ち私を尋ねてくる

青年という青年は生きる恐ろしさをとても上手に色までつけて吐きだす 苦しみではなく女のありもしない、 昼間の洋服、ブーツを履いた姿を
スポンサーサイト
2012.09.27 Thu l 悠々 月の遺族より l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.01 Mon l . l 編集
No title
興味引かれる言葉の用い方。文面(現実)からイメージ(虚構)が生まれる様は非常に豊か。ただ、最終的に焦点を結ばない。言葉から受ける印象はややぶっきらぼう。
2012.10.01 Mon l オーロラ. URL l 編集
No title
何かが渦巻いているような印象を受けましたが、アホの子なのでいまいち分かりませんでした。
2012.10.01 Mon l あずほ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://niwakadojin.blog.fc2.com/tb.php/16-67f90078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。