FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「今日は随分とめかし込んでるんだな、デートか?」
 開け放たれた窓から差し込む日差しにウトウトしながら、ソファーで横になっていた三毛猫のキジは、クローゼットを漁る同居人を見て目を細めた。
「違うよ、港で実習。でも班別行動があるから、その時にちょっとね」
 ベッドに何着も服を並べて、ミハルは腕を組んでうぅーんと唸った。
「まぁ、時間に遅れないようにな」キジもうぅーんと唸り、猫特有の伸びをする。
「あ、顔なんて洗わないでよ。雨でも降ったらどうすんのよ」
 姿見の前でワンピースを身体に合わせていたミハルは、毛づくろいをはじめたキジの方を見ると顔をしかめた。
「今日は1日快晴だよ、そんな迷信、今じゃ知ってる奴の方が少ないだろうが」
 飛んできた服を軽やかに避け、やれやれと言った表情で出窓へ飛び移るキジ。漆黒のその瞳には晴れ渡った空が映っていた。

 ここは首都ラスカから遠く離れた町、フィリス。その外れにある古いアパートの2階、南の角部屋がキジとミハルの寝床だ。
 港町としての活気が溢れているものの、都会のような慌ただしさは無く、基本的に人々はのんびりと暮らしている。漸く終結した革命戦争の影響も、元々この町にはあまりなかったようだ。
「戦争、か」キジは時間に追われ飛び出していったミハルを窓際で見送りながら、彼女の父親の事を思い出した。
 かつてのキジのパートナー。魔法の才能に溢れた彼は革命軍の魔人と恐れられ、軍の関係者ではそのの名を知らぬ者は居ない程の男だった。彼が他界してから、もう3年が経とうとしている。
 彼の死と共にキジも現役を引退し、今は彼の娘と余生をのんびりと過ごしていた。
 昔に比べて人も動物も、魔力持ち自体の数が随分と減った。今キジと会話が出来る程の魔力があるのは、この町ではミハルだけだった。

 キジが昔に想いを馳せながら陽だまりの中で微睡んでいると、突如。のどかな昼下がりに相応しくない地響きと轟音が、窓ガラスをビリビリと震わせた。
「なっ、なんだぁ??!」
 慌てて窓から屋根に登り辺りを見回すと、遠くから土煙が上がっていた。
「!あれは、ゴーレムか?!」
 目を凝らすと、港の方で土色の巨人が暴れているようだった。
「ミハルの奴、港で実習って言ってたな」
 キジはそのまま屋根伝いに港を目指して駆け出していた。
 遠くから聞こえる人々の怒号と悲鳴が、嫌でも戦火の中に居た日々を思い出させる。

 キジがたどり着いた時には、辺り一面に積荷や魚介類が散乱し、港は随分な有様だった。
 避難が早かったからか、元から人が少なかったからか、幸い大したけが人は出て居ないようだった。
「骨董品が搬送中に起動しちまったのか」見れば大型の木箱が粉々に破壊されていた。
 地元の自衛団が弓や剣で対抗しているが、土人形の暴走を止めるには至っていないようだった。
「あいつらじゃ役不足か…」キジはチッと舌打ちすると、辺りを見渡す。
 魔法使いや製造者のラビならば対処法も知っているだろうが、魔法とかけ離れた生活をしている彼らにとっては、未知の脅威だろう。
 近くに落ちていた矢を咥えると、キジは再度ゴーレム近くの建物の屋根へ登る。
「《emeth》土人形にゃ《真理》は勿体無いな」
 尻尾でスラスラと空中に青白く輝く魔法の文字を描く。
 宙に浮かんだ文字はそのまま形を組み換え魔法陣に変化した。
「ゴーレムを壊すには、頭のeを消せ。魔法使いにゃ常識だ」
 咥えてきた矢を、目の前に出現した魔法陣に投げ込む。
 矢は魔法特有の青白い光を纏い、一直線にゴーレムの額へと突き刺さった。
 eの文字が削れ、額の文字が《meth》死んだと意味の変わった土人形は動きを止め、次の瞬間にはボロボロと崩れ出した。

「な、なんだぁ?!」
 崩れた積荷を物色していた男は、突如崩壊をはじめたゴーレムを見て慌てだした。そう簡単にやられる訳はないと思っていたが、案外ラビの言う事も当てにならない。
「たまたま矢でも額に当たったのか?ちっ、予定が狂っちまったな」
「幾ら骨董品でも、術者無しで動く訳が無いと思ったが…案の定だな」
「誰だ?!」
 男が振り返ると、三毛猫が窓際に座ってこちらを睨んでいた。
「俺の声が分かるとは、お前も魔力持ちか。それにしちゃ波動が弱いな…ロクに魔法も使えなさそうだが」
「メフィストだと?!どうしてこんな田舎に…」
「メフィストか。久し振りに聞いたな」
 魔力持ちの猫をメフィストと言う。もっとも魔力の無い人間から見れば普通の猫と区別が付かないので、専ら魔法使い間でのみ、その俗称は使われていた。
「ラビから買ったゴーレムで火事場泥棒か。せこいな」
「うるさい!」
 男は腰に下がっていたナイフを抜くとキジに切りかかった。たかが猫一匹に計画を台無しにされてたまるか。
「うるさいのはお前の方だ。少し大人しくしてろ」
 男が最後に見たのは、空中に描かれた魔法陣から現れた巨大な拳だった。

「キジ!さっきのあんたがやったの?!」
 伸びている男を適当なロープで縛ろうと悪戦苦闘していると、背後から聞きなれた声がしてキジは顔を上げた。
「ミハルか、丁度良い。こいつを縛って自警団に引き渡してくれ。ゴーレム騒動の犯人だ」
「え、えぇ?話が見えないんだけど?」
「後は頼んだぞ」徐々に集まり始めた人だかりを見て、じゃあなと言ってキジは撤退した。
 魔法は戦争の遺産。この平和な町には到底似合わない。
 キジの過去を知っても尚、ただの猫として受け入れてくれたこの町の人々に恐れられたくは無かった。

「お手柄だったんだね、キジ」
 その日の夜。夕食をテーブルに並べながら、ミハルは上機嫌だった。
「お、刺身の盛り合わせとは随分と豪華じゃねえか」
 目の前の皿に盛られた赤身にキジは早速舌鼓を打つ。
「港のおじさんがね、お礼だってさ」
「見られてたか」
「別に悪い事したんじゃないんだし良いじゃない」
「まぁ、そうだが…俺は普通の猫で良いんだよ」
 バツの悪そうな表情のキジの頭を、ミハルは優しく撫でる。
「誰もキジが特別だなんて思ってないよ」
「そうか、嬉しいねぇ。だが頭を撫でるのはやめろ。小っ恥ずかしい」
「えー、たまには良いじゃん」
 じゃれ付いてくるミハルを交わしながら、しかしこの瞬間を何よりも愛おしく感じるのも事実だった。
 賑やかな声が響く古いアパートの2階、南の角部屋。今日も港町フィリスは平和だ。
スポンサーサイト
2012.10.24 Wed l 遠野杏子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 
2012.10.11 Thu l 遠野杏子 l コメント (3) トラックバック (0) l top
「つまり君はあれかい」若い警官に変わって、初老の警官が少年に訊ねた。
「さっきの事故は、全て宇宙人の仕業だと」
「だからさっきからそう言ってるじゃないか!」
 少年は何度目になるか分からない同じ質問に、腹を立てているようだった。
「ね?さっきからずっとこの調子なんですよ」若い警官がやれやれと言った顔でこちらを見ている。
「嘘じゃない!僕は見たんだ!」
「まぁ、落ち着いて」初老の警官が優しい口調で嗜めてる。
「君、名前は何て言ったかな?」
「田畑コウイチ」
「コウイチ君。君が見たって言うのは宇宙人なのかな?」
「だから違うって!UFOが飛んできて、トラックとぶつかったんだ」
「なるほど、なるほど」初老の警官はノートに文字を書き出した。
「それでそのUFOはどこへ行ったのかな?」
「そんなの分からないよ、そのまま飛んでったから…」
「なるほどねぇー。あ、良かったらそのUFOの絵をここに書いてくれないかな?」
「ちょっと、大宮さん」若い警官が初老の警官の腕を掴んで、派出所の隅へと引っ張って行く。
「子供の嘘に決まってるじゃないですか。UFO?宇宙人?まさか信じてる訳じゃないでしょうね?」
「佐々木君は若いなぁ。まぁ私に任せてよ」大宮はニコリと笑うと、コウイチ少年の元へと戻っていった。
「書けたかな?見せて貰っても良いかな?おぉ、これはまさしくUFOだね」
「そうだよ。だからそいつがトラックにぶつかって…」
「コウイチ!!」突然派出所にキンキン声が響き渡る。
「あ、お母さん。聞いてよ、さっきそこでトラックが…」
「あんた、急にいなくなったと思ったら!おまわりさんのお世話になって!」
 コウイチ少年の母親はペコペコと大宮と佐々木に頭を下げる。
「本当にすみませんでした。ほら、コウイチもおまわりさんにお礼言いなさい!」
「え、何で?だってこっちのおまわりさんは話を全然…」
「良いから!」母親に叱られて、コウイチ少年はしょげかえってしまった。
「いえ、お母さん良いんですよ」ニコニコと笑顔を浮かべて大宮が言う。
「本当ご迷惑をかけてすみませんでした」頭を再度下げて、ふたりは派出所を出て行った。
「勝手にどっかひとりで言っちゃダメでしょ?」「だって、さっきUFOがね」「はいはい、UFOね…」

 田畑親子の後ろ姿を見送った後、佐々木が大宮に問いかけた。
「大宮さん、さっきの話。どういうつもりだったんですか?」
「どうするもこうするも、話を聞こうと思ってたさ。良いじゃないか、夢があって」ニコニコと大宮が答える。
「最近は現実的な子供ばかりになってしまったからね。まさかUFOを見た少年に会えるとは思わなかったよ」
「あーやっぱり信じて無かったんですね。僕はてっきり大宮さんまでUFOの仕業だと言い出すのかと…」
「いや、信じてるよ。UFOはいるよ。実は私も昔見た事があってね…」
「またまたぁーUFOなんかいるわけ無いじゃないですか」
 佐々木はUFOの影どころか、雲ひとつない青空を見上げて大きく伸びをした。




「良かったんですか?」隊員のひとりが話しかける。
「良かったって、何が?」「何がって、さっきの事故ですよ。見られたじゃないですか」
「ああ、あれか。問題無いだろう。いちいち対応してたら時間が足りなくなる」
「でも、これが原因で騒ぎにでもなったら、調査がやりづらくなるんじゃ…」
「あのな、君」隊長が椅子をくるりと回して立ち上がる。
「この星の生き物は、都合の悪い事や信じがたいの事の大概は嘘と言う事にしてしまうんだよ」
「そんな、まさか…」
「ましてやさっき目撃されたのは、まだ子供だったじゃないか。完全に嘘として処理されるよ」
「そんなものなんですか」
「そんなものなんだよ。こんな種族、他の星ではまず見られないからね。貴重な観測対象だよ」
 隊長は青く光る地球をUFOの窓越しに見ながら大きく伸びをした。
2012.09.14 Fri l 遠野杏子 l コメント (3) トラックバック (0) l top
ある日、僕は彼を街で見かけた。
いつも通りの赤い帽子。それだけで僕は彼を彼だと判断出来た。
彼がこちらを振り返りそうだったので、慌てて物陰に隠れる。
――何で、隠れる必要があったんだ。
自分自身理由は分からないが、とにかく見つかりたくなかった。

そんな事をしている内に、彼は路地へと入って行く。
僕も適当な距離を保ちつつ尾行する。
彼は何度か路地を曲がると、一件の店の前で立ち止まった。
窓から中の様子を見ているようだ。
暫くすると彼は店へと入っていった。

素早く窓際に移動する。
看板を確認するが、何故か何も書かれていない。
店内の様子を窓からそっと伺う。
薄暗い店内は、しかし異様な光景が広がっていた。
赤帽子、赤帽子、赤帽子、赤帽子。
店内に居るのは、皆赤帽子を被った人間ばかり。
口元には、彼のような薄ら笑いが浮かんでいる。

彼は、どれだ。全員彼に見える。
そもそも僕は、彼の顔を、覚えているのか?
赤い帽子と薄ら笑い。それしか記憶にない。
なら、ここにいるのは皆彼じゃないのか?
彼ばかり何人も、ここにいるのか?
馬鹿げている、有り得ない。
だが僕には――誰もが同じに見える。

目眩がして、僕は窓から離れた。
くだらない。実に下らない。
同じ人間なんて、いやしないのに。
そう思った瞬間、背後に視線を感じた。
僕は振り返らずに、帽子を目深に被り直して、店へと入る。

尾行してきた「彼」が、物陰に隠れたのを、ガラスに映るのを確認して。

2012.09.14 Fri l 遠野杏子 l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。